分子育種学とは

 この言葉から、分子レベルで植物を育種することを連想されるかもしれません。私たちは分子育種をもっと広く捉えて研究を進めています。

 歴史を持つ農芸化学専攻から、1987年に新しく生まれた応用生命工学専攻の基幹講座として、魚住武司教授の主宰する「育種生産工学研究室」が誕生しました。そのころは遺伝子組換え技術を活用した微生物や植物の分子遺伝学的な育種をおもな研究テーマとしていました。このころから続いている研究が窒素固定細菌の分子育種の研究です。
 その後、生物を分子レベルで「育種」するだけではなく、タンパク質やRNAの分子というミクロな対象をも分子工学的に「育種」する研究が広がり、研究室名を現在の「分子育種学研究室」と改称しました。このころから続いている研究が、コリシンやリボヌクレアーゼに関連する研究です。

 1999年に正木春彦教授が研究室を継いでから、「育種」の概念をさらに広げ、培養困難な微生物を培養する工夫を行い、コロニーを作れない微生物の研究とコロニー形成そのものの遺伝学研究を始めました。また、培養できなくてもそこに生息していることを前提として利用することを目指して、イネ根圏微生物生態系の生物窒素肥料としての活用の研究を進めています。

主な研究内容

© 1999-2015 分子育種学研究室